テーマ:キリスト教

22世紀の出エジプト

(以下の文章はCS中高科奨励の原稿として書きましたが、哲学から世界史に話題が及んでいて、中高生にはちょっと難しいし、内容的にも過激すぎるので、ボツにしました。でも、面白いと思ったのでここにアップします)  今朝も例によって、一言だけ覚えて帰ろう!シリーズでお話ししたいと思います。  今朝の一言はルカによる福音書1章37節「神に出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巷説(ちまたのうわさ) 使徒ヤコブの裏切り

1 お断り  これから述べることは私の穿ちすぎた空想の産物です。  いかなる、聖書的な証拠や神学的な論証に基づくものではありません。  ただただ、今日的な常識に沿って考え出したひとつのフィクションとしてお読みください。 2 使徒言行録を深読みする  さて、使徒言行録21:17以下を日誌風に書くと以下のようになり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コミュニケーションの社会史 」 前川 和也 編著(ミネルヴァ書房2001/8/1)をオススメします

 多くの方に読んでいただきたい本なので、ここで簡単に紹介をさせていただきます。  まず、収録論文は以下の通り。 Ⅰ 遠くに伝える 第1章 「初期メソポタミアの手紙と行政命令文」前川和也 第2章 「広域情報伝達システムの展開とトゥルン・ウント・タクシス家― 一六、一七世紀における帝国駅逓の拡充を中心に」渋谷聡 第3章 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラーメンという文化

1 昔ながらの札幌ラーメン  札幌に行ったら、昔ながらの札幌のラーメンを食べたいのです。  では、札幌のどこに行ったらそういうラーメンが食べられるか。  実は、先週の土曜日に法事のために札幌へ行った際、新札幌駅で乗り換えるついでに、駅ビルに入っている「龍竜」さんで味噌ラーメンをすすっていたら、あぁ、ホンモノの昔ながらの札幌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「分らない話」の話~あるいは、「矛盾」について

1 ホントにあった「分らない話」  先日、教会の集会なかで、ある姉妹が神さまの恵みについて証をなさいました。  彼女は、ご自分の貧しい生い立ちや、教会との出会い、現在、取り組んでいるご奉仕について一生懸命にお話しされ、私たちも熱心に耳を傾けました。  しかし、彼女が何を言いたいのか、実はよく分りませんでした。  この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教会のダブル・スタンダート

1 初代教会のダブル・スタンダード  使徒言行録21:20-25には、パウロ捕縛のきっかけを作ったエルサレム教会の長老たちの指示が書き残されています。  この指示をよく読むと、律法についての初代教会のダブル・スタンダード(以下「2重基準」)があることに気がつきます。  20節から24節では、ユダヤ人キリスト者が律法を遵守す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新共同訳の気になる訳文

1 問題提起  以下にお示しするのは新共同訳のマルコ福音書7:24、有名なシリア・フェニキアのお話しの導入部分です。 「イエスはそこを立ち去って、ティルスの地方に行かれた。ある家に入り、だれにも知られたくないと思っておられたが、人々に気づかれてしまった。」  この部分を新改訳は次のように訳しています。 「イエスはそこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛は決して滅びない(9月8日CS中高科奨励原稿)

 今日は、ただ一言、この「愛は決して滅びない」(コリントの信徒への手紙一 13:8a)という言葉を憶えて帰って欲しいと思います。  私たちが誰かを愛してしまったら、その人を永遠に、死ぬまで愛し続けると確信します。  そして、結婚式になれば、牧師先生の前で永遠の愛を誓います。  それが「愛は決して滅びない」と言う真理の第1の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

負うた子に叱られる!?

 ルカによる福音書11章19節を新共同訳は以下のように訳しており、新改訳もほぼ同様です。 「わたしがベルゼブルの力で悪霊を追い出すのなら、あなたたちの仲間は何の力で追い出すのか。だから、彼ら自身があなたたちを裁く者となる。」  一方、文語訳は以下のようです(略字に変換、一部をのぞきフリガナは省略)。 「我もしベルゼブルによ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

H.ベルクソン「宗教と道徳の二つの源泉」をお奨めします

 H.ベルクソンの「宗教と道徳の二つの源泉」を読みました。  すべてのクリスチャンにお奨めしたいという趣旨で以下の記事を書きます。  どうぞお付き合い下さい。 1 驚くべき先見性  実は、この本、30数年前の学生時代に中公世界の名著の一冊として読んだことがありました。  その時にも魅力的な本だとは思ったのです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紙・IT・通貨

1 イリイチのやり残したこと  晩年のイヴァン・イリイチは、当時、本格化していたIT革命とはなにか、という疑問への答えを求めて12世紀ルネサンスの研究に向かいました。  その成果は、1988年の「ABC」と1993年の「テクストのぶどう畑で」の2冊の著作に結実しましたが、残念ながら2002年に召天しました。  イリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「神の国を発見!」(2019年8月18日夕礼拝奨励原稿)

 今日は小宮山牧師がご不在なので、私が代わりに奨励を仰せつかりました。  私には聖書の解き明かしはできませんので、あくまでも私の理解、私の証としてお聞きいただきたい、と最初にエクスキューズを振っておいて、お話しを始めようと思います。 1 ハルトの教えてくれたこと その1  さて、6月の末に札幌の叔母が93歳で亡くなって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活について

 直前の記事でも申し上げましたが、8月10日の福嶋揚氏主催のセミナーの意見交換の中で、キリスト者は一体、どうして復活を信じられるのか、信じられない!という趣旨の発言がありました。  この点については、すでに星の数ほどの証がなされているはずであり、今更、私如きが贅言を加えるまでもないとは思いますが、ここは私自身の理解の整理のために愚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たな群れを生み出す

 さる8月10日、福嶋揚氏主催のセミナーに出席したら、意見交換の中で新約聖書の記事の史的信憑性を巡る発言がなされました。  すなわち、弟子たちに受難と復活を預言したイエスの発言は、後世のでっち上げとすることが定説である、との議論です。  そのやりとりをきっかけに思うところあり、まずは聖書の史的信憑性について、次に、その伝道的な意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「律法学者」という誤訳?!

 聖書にたびたび登場する「律法学者」という言葉が誤訳だなんて、疑ったことすらありませんでした。  だから、律法学者が一定の社会的なグループとして存在するからには、イエスやパウロの時代のエルサレムには、今日のイスラム世界におけるマドラサのような、教典を講じ、学ぶ学校があったにちがいない、そしてその教師が律法学者であり、星雲の志を抱く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教会学校の説教を考える

 教会学校の中高科で説教奉仕にお用いいただいて何年にもなります。  大体、半年に2回か3回の奉仕ですが、何回やっても納得のいくお話しができません。  その理由をいくつか考えてみます。 理由1 説教時間の制約  多くの教会学校の奉仕者の実感からいうと、幼稚児や小学生はもとより、中高生を相手にするときでさえ、お説教はせい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

希望とはなにか~7月14日CS中高科説教原稿

【使徒言行録 8章4~8節】 交読詩編 146 4さて、散って行った人々は、福音を告げ知らせながら巡り歩いた。 5フィリポはサマリアの町に下って、人々にキリストを宣べ伝えた。 6群衆は、フィリポの行うしるしを見聞きしていたので、こぞってその話に聞き入った。 7実際、汚れた霊に取りつかれた多くの人たちからは、その霊が大声で叫びながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドゥルシラ・コーネル「”理想”を擁護する」をお読みください

 アマルティア・センの「正義のアイデア」の中で言及があったので、図書館から借りて読みました。  具体的な結論があるのではありません、しかし、ヒントがたくさんある、という意味ではぜひ多くの方にお読みいただきたいと思いました。  第1章と第2章は湾岸戦争、9・11、イラク戦争という時代に正戦論、つまり正義の戦争 Just War…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大量消費社会と聖書

 新改訳のエゼキエル書8:3で「ねたみを引き起こすねたみの偶像」という言葉に出会ってハッとしました。 1 訳語の検討  この「ねたみ」の語を新共同訳は「激怒を起こさせる像」と訳しています。  察するところ、翻訳に携わった神学者の先生方は神学のことしか知らないままに、分かりやすい訳語を求めてこのように訳されたのだと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェンダーは誰のために必要か

1 まずは本のご紹介  川口恵美子さんの「戦争未亡人  被害と加害のはざまで」(ドメス出版、2003)を読みました。  内容を簡単に紹介すると、昭和13年頃からサンフランシスコ講和条約までの期間の女性史で、タイトルにある通り、戦争によって夫を失った女性たちの辛酸を描いたものです。  しかし、この本の真に驚くべき点は、ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「滅び」を英語で言うと・・・

 昨日の主日礼拝のお説教は「狭き門」、つまりマタイ7:13~14だったのです。  その中で「滅び」という言葉を英語ではなんて言うんだろうと思ってBibleGatewayで調べたら、New English Translation訳では「destruction」の訳語を当てているのです。  昔、よくテレビに出ていたデストロイヤー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あなたの鞭、あなたの杖/それがわたしを力づける」とは

  「法律に抵触しないなら、いかなるビジネスでも認められるのか」という問いには、どのような答えがあり得るでしょうか。  肯定的な立場からは、例えば以下のような答えがあり得るでしょう。  肯定意見その1 法律や判例は、国民の自由を確定するためにあるのだから、これらに抵触しない限り、当然に、認められる。  肯定意見その2 もし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

H.L.A.ハート「法の概念」を読みました

 公務員として長年、法律のおかげでメシを食ってきたのに、恥ずかしながら法律について正面から学ぶのは初めてで、この本が法哲学というジャンルなんだか、法理学というジャンルなんだかもよく分からない自分です。  ことほどさように浅学の徒ゆえ、幾度も心挫けそうになりながら*1、また、理解できない部分も多々ありながらも、大変、興味深い説明がた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ見ぬ「ワクワク」

 L.ウィトゲンシュタインの本を読んでいると「ミスリーディング」という言葉が何度も出てきます。また、H.L.A.ハルの本を読み始めたら、やっぱり「ミスリーディング」という言葉が何度も出てくる。  訳者が違うのに、あえて文字通りに訳したのは、日本語に適切な訳語がない、ということを暗に伝えたかったのだろうと思いますが、それだけだろうか。む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Respect yourself 4月28日CS中高科説教原稿

 アメリカのゴスペルグループ、Staple Singersが1971年にヒットさせた曲に「Respect yourself」という曲があるんですが、最近、ピーター・バラカンさんの本を読んでいたら、この曲の歌詞についての面白い説明があったのです。  皆さんは、「Respect yourself」という言葉はどういう意味だと思いますか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いかなる立場も切り捨てない」は何を意味するか

 日本基督教団神奈川教区では教区形成基本方針という文書に重要な位置づけを与えています。  この文書では「いかなる立場も切り捨てない」という主張がなされていますが、この主張の隠された意味を、社会的選択理論を用いて検討してみたいと思います。  さて、仮に私がある会議の参加者であって、すべての人を私の意志に従わせたいと考える独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルーサー・ブリセット「Q」を読みました

 ルーサー・ブリセットの「Q」は、基本的にはエンターテインメント作品で、R18的描写も若干、散見されますが、時代考証は非常に正確で、極めて上質な作品です。  もし、あなたが18歳以上なら一読に値する作品です。また、塩野七生さんの本がお好きな人なら、きっと楽しめると思います。  ネタバレにならない程度に、あらすじを述べるなら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

置き去りにされた教会

 日本基督教団は、70年代に深刻な内部対立が起きて、今日でもその残滓に苦しんでいます。  僕は、その当時のことを知る由もない者ですが、それでもそのことについてずっと考えて続けてきました。  そして、最近、やっと分かってきたような気がするのです。  もちろん、様々な原因があるのでしょう。  しかし、おそらく最大のものは、経済学や社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キリスト教と倫理

 世界は言葉の向こうにあって、人間は言葉によって技術や道具を開発して世界を利用する一方、実は世界に生かされてもいるのだ、と過去の多くの神話や宗教は考えました。  そして、世界を象徴するような様々な動物や石や鏡や木像を拝んできました。  しかし、近代になって、人々はそうした偶像崇拝に何の意味もないことを発見するとともに、デカルト的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良き訪れをつげない教区総会

 今日、2月23日、神奈川教区総会がありました。  今日の教区総会で秦野西教会の解散が議案となりました。  教会員が減少する中、崖っぷちで先生と役員が力一杯、祈りながら踏ん張った経過が報告されました。  その後、教区議長から解散は決まったことだが、教区総会承認が手続き上必要だという説明があり、賛成多数で解散が承認されました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more