イエスの言葉は2人称単数?2人称複数?

 大きなホールのステージから人気歌手が集まったファン達に「ノッテルカ~~イ」と呼びかける言葉の主語は、2人称単数でしょうか、複数でしょうか。    時として、両手を広げてファン全体に呼びかける場合もあるし、特定のファンに目線を合わせて語りかける場合もあるでしょうし、人気歌手ご本人の演出的な狙いも様々でしょうから、その言葉をいちいち取り上げて、単/複を切り分けようとすること自体、無意味だと…

続きを読む

「超実体的な」パン

 主の祈りの以下の部分について、ネットで調べるとAがカソリック、Bがプロテスタントの一般的なようですが、その内容に大きな違いはありません。  A わたしたちの日ごとの糧を今日もお与えください。  B 我らの日用の糧を今日も与えたまえ  しかし、「中世思想原典集成 精選 6」を読んでいたところ、「私達の超実体的なパンを今日も私達に与えてください」という一節に出会いました(314…

続きを読む

「崩壊学」のお奨め

 パブロ・セルヴィーニュ, ラファエル・スティーヴンス著「崩壊学」をぜひご一読いただくよう、お奨めします。  まず、本書の大づかみを申し上げると・・・  国際的な金融、サプライ・チェーン、化石燃料市場などの複数の複雑系が絡まり合った巨大な複雑系となった今日の世界は、以下のように崩壊が確実である。 「複雑系科学が発見したのは、複雑系システム(経済や生態系が入る)はある閾を超え…

続きを読む

教会とバラバラの人々

 今日の日本の最大の問題は人々がバラバラになっていることだ、と申し上げました。  そのような視点で聖書を読むと、面白いことに、聖書の中の人々はいつどんな状況になってもバラバラにならないのです。  もちろん、旧約聖書の中には戦いがたくさん描かれますが、それらは共同体が一致して戦った他民族との戦いか、自らの共同体における権力争いのいずれかであって、共同体が散り散りになっていくというこ…

続きを読む

ローマ市民サウロ

 ある姉妹が子どもたちに向けて使徒9:1~19のお話しを始めるに当たって「ユダヤ人社会の自信たっぷりのエリート、サウロ」と述べておられます。  私自身もかねてからそのような認識を持っていましたので、原稿を拝見したときには、思わず大喝采を送りたい気持ちになりましたが、この際ですので、この点について愚考することを少し掘り下げておきたいと思います。  それはパウロという青年の人間性の表面に…

続きを読む

バラバラ

 今日の日本における最大の問題は、人々がバラバラになっていること、です。  例えば、日本の非正規労働者は約4割で、その多くが女性と若年者です*。  非正規労働の問題点は色々あると思いますが、その最大の問題はほとんどの人がバラバラになっている、ということです。  例えば、非正規労働者の多くが週に3、4日のシフト勤務をしていますが、そうのような働き方になると一緒に働く人や前後の…

続きを読む