聖書は、半分だけ・・・

 僕が洗礼を受けたのは2000年のクリスマス、日本基督教団逗子教会において、でした。  だから、洗礼式の時にも、20年たった今も教団の信仰告白を告白しています。  ところで、その中の「旧新約聖書は、神の霊感によりて成り」・・・「神につき、救ひにつきて、全き知識を我らに与ふる神の言(ことば)にして」と告白するとき、この「全き」という言葉は、どう理解すべきでしょうか。  愚考するに、聖書に…

続きを読む

21世紀の「バベルの塔」の理解

 創世記のバベルの塔のお話しは、普通は、人々がたった一つの言語しか持っていない世界が否定されたお話し、と理解されています。  しかし、I.イリイチが「シャドウ・ワーク」で指摘するように、人々がひとつの言語しか持っていない社会は、政策的に作り出されたものであって、ある時代以前には存在しなかったと考えられます。  実際、僕は行ったことはないけれど、海外に行けば、学歴とは無関係に、複数の言…

続きを読む

僕的ブラック企業の見分け方

1 急成長企業は危ない  わずか1,2年のうちに売り上げや年商が急増した企業は要注意です。  製造業の低迷がすでに何十年も続いている中で、売り上げが急増したということは、小規模店舗を次々に出店した結果と考えるべきです。  多数の小規模店舗で働く人たちの働き方を、本社が適切かつ具体的に把握することが難しいのは当然です。  勤怠と売り上げは電子的ネットワーク機器で把握できますが、…

続きを読む

金沢文庫から鎌倉へのお散歩ルート

 本日の記事でお散歩したルートを念のため、ご案内します。  まず、金沢文庫駅の西口に降りて、笹下釜利谷道路という大きな道にそって、駅を背にして歩いて行きます。  この時、OKストアの裏にある宮川に沿って歩いても楽しいですが、結局はこの道に戻ってくることになります。  15分ほど歩くと角にガストがある「宮ヶ谷」(みやがやと)という交差点に来ますので、そこを左折します。  そのまま道…

続きを読む

金沢文庫から鎌倉への散歩道(続報)

 12月27日に金沢自然公園から鎌倉へ通り抜けが出来なかったことは、その時にこのブログでご報告しました。  そして、今日、その後の様子を知りたいと思って行ってみました。  前回、途中で断念した市境広場の立ち入り禁止はそのままでした。  ガッカリしてたら、仮囲いの左脇をすり抜けて向こうから歩いて来た方が出てきました。  ちょっと話しかけてみたら、天園のほうから普通に…

続きを読む

腹ぺこイエス

1 日雇い労働者イエス  ナザレからやってきた青年イエスの生活誌については、ルカ福音書の断片的な記述を除けば、具体的なことは分りません。  しかし、ここ100年ほどの一部の国々を除けば、世界中の大部分の人々が貧しい小作農として自給自足的な暮らしをしていたことは分っています。  だから、青年イエスがそうした小作農であった可能性も高いと思います。  実際、農業に関する譬え話をたくさん…

続きを読む

金沢自然公園のお散歩

 毎週のように金沢自然公園にお散歩に行っているのですが、今日は久しぶりにカメラを持って行ってきました。写真の出来には目をつぶっていただき、お散歩にお付き合いくださいませ。  宮谷(みなのやと)の入口には動物園休園のお知らせ。時節柄、仕方ないですね。  一番、入口に近いところにあった赤の美しい紅梅、鹿児島紅という名前だそうです。  さらに、ちょっと歩いたところで目…

続きを読む