家庭礼拝の誕生

 フィリップ・アリエスの「<子ども>の誕生」を数十年ぶりに読み返しました。  こんなに面白い話が満載だったっけ、と思いながら読んでいたら、第3部、336ページあたりから家庭礼拝の歴史が出てきたのでご紹介します。  この本は、15~17世紀において、子どもと大人が社会的に分離していき、現代のような家庭が誕生する経緯を研究している本ですが、その中で15世紀頃から最年少の子…

続きを読む

イエスの言葉は2人称単数?2人称複数?

 大きなホールのステージから人気歌手が集まったファン達に「ノッテルカ~~イ」と呼びかける言葉の主語は、2人称単数でしょうか、複数でしょうか。    時として、両手を広げてファン全体に呼びかける場合もあるし、特定のファンに目線を合わせて語りかける場合もあるでしょうし、人気歌手ご本人の演出的な狙いも様々でしょうから、その言葉をいちいち取り上げて、単/複を切り分けようとすること自体、無意味だと…

続きを読む

「超実体的な」パン

 主の祈りの以下の部分について、ネットで調べるとAがカソリック、Bがプロテスタントの一般的なようですが、その内容に大きな違いはありません。  A わたしたちの日ごとの糧を今日もお与えください。  B 我らの日用の糧を今日も与えたまえ  しかし、「中世思想原典集成 精選 6」を読んでいたところ、「私達の超実体的なパンを今日も私達に与えてください」という一節に出会いました(314…

続きを読む