テーマ:キリスト教

「いかなる立場も切り捨てない」は何を意味するか

 日本基督教団神奈川教区では教区形成基本方針という文書に重要な位置づけを与えています。  この文書では「いかなる立場も切り捨てない」という主張がなされていますが、この主張の隠された意味を、社会的選択理論を用いて検討してみたいと思います。  さて、仮に私がある会議の参加者であって、すべての人を私の意志に従わせたいと考える独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルーサー・ブリセット「Q」を読みました

 ルーサー・ブリセットの「Q」は、基本的にはエンターテインメント作品で、R18的描写も若干、散見されますが、時代考証は非常に正確で、極めて上質な作品です。  もし、あなたが18歳以上なら一読に値する作品です。また、塩野七生さんの本がお好きな人なら、きっと楽しめると思います。  ネタバレにならない程度に、あらすじを述べるなら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

置き去りにされた教会

 日本基督教団は、70年代に深刻な内部対立が起きて、今日でもその残滓に苦しんでいます。  僕は、その当時のことを知る由もない者ですが、それでもそのことについてずっと考えて続けてきました。  そして、最近、やっと分かってきたような気がするのです。  もちろん、様々な原因があるのでしょう。  しかし、おそらく最大のものは、経済学や社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キリスト教と倫理

 世界は言葉の向こうにあって、人間は言葉によって技術や道具を開発して世界を利用する一方、実は世界に生かされてもいるのだ、と過去の多くの神話や宗教は考えました。  そして、世界を象徴するような様々な動物や石や鏡や木像を拝んできました。  しかし、近代になって、人々はそうした偶像崇拝に何の意味もないことを発見するとともに、デカルト的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良き訪れをつげない教区総会

 今日、2月23日、神奈川教区総会がありました。  今日の教区総会で秦野西教会の解散が議案となりました。  教会員が減少する中、崖っぷちで先生と役員が力一杯、祈りながら踏ん張った経過が報告されました。  その後、教区議長から解散は決まったことだが、教区総会承認が手続き上必要だという説明があり、賛成多数で解散が承認されました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イデオロギーの向こうから

 先日の大根の話を簡単に要約すると以下のようになります。 1 人間は世界を利用するために自分たちに都合良く世界を分節化し、構造化する。 2 その働きによって言葉と社会が形成され、次いで偶像崇拝とそれを支える神話、すなわちイデオロギーが産まれる。 3 聖書と信仰の実践は、イデオロギーに囚われている私たちを、言葉の向こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

哀れな大根のお話し(又は、「分節化」を鍵に聖書を読む)

 野菜と果物の違いとか、蝶と蛾の違いとかが良くクイズとして取り上げられますし、また、虹の色や雨や雪の呼び名に地域や民族によって多様性があることも広く知られています。  これらのことは実は言葉による世界の分節化という、人間の知の働きを示しているものです。  つまり世界は人間の都合に合わせて作られた物ではないのに、人間が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊かにされる「礼拝」

 メトロノームで四拍子を鳴らすと「カッ・カッ・カッ・チーン」というビートを延々と繰り返してくれます。  私が青年の頃、エレキベースを弾きながらロックバンドをやっていた頃には、このメトロノームのビートのことを「ジャスト」なビートと呼んでいて、今でも音楽を追求している人たちの間では、その呼び方は変わっていないと思います。  もちろん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「聖餐の豊かさを求めて」を読みました

 本書は聖餐を巡る議論の中でツイッター上でお奨めいただいた本であり、お奨めいただいた方へのお礼に代えて読後感を記します。 1 どうしても指摘しておきたいこと  この本の編著者である山口雅弘先生は冒頭11ページで以下のように書いておられます。 「さらに私は、次のことを無視できなくなりました。いわゆる「知的障がい」を持…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

末っ子ダビデ(1月27日CS説教原稿)

*今回は少し工夫しました。この原稿のタイトルと梗概を抜粋したパワポの画像を礼拝堂正面の壁面に投影してみました。折悪しく、朝日が差し込んで、非常に見づらくなってしまいましたが、試みとしては今度も続けてみたいと思いました。 【課題箇所 サムエル記上 16章】 5「平和なことです。主にいけにえをささげに来ました。身を清めて、いけに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ニーバーの祈り」が教える21世紀

「変えることのできるものと、変えることのできないものとを識別する」というニーバーの祈りについては、昨年9月に一度、愚考するところをアップしましたが、もう一度考えてみようと思います。  これは祈りですから、必ずそれは聞き届けられると私も信じます。  しかし、現実には、聞き届けられて正しい区別が与えられるまで待てないとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祈祷会で聖書を読む

 昨日の祈祷会は列王記上13章を読みました。  ざっくりかいつまむと、北王国の初代の王ヤロブアムが自ら築いた祭壇に香を献げた行為をとがめ、主がお怒りであると告げた「神の人」が、もう一人の預言者の軽はずみな言葉の故に死んでしまう、という正直、その意図を図りがたいようなお話しです。  そのお話しについては例えば・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パウロ・フレイレをオススメする公開メール

Y兄  頌主。  昨日、パウロ・フレイレ、面白いから読んでみて!ということを一言、申し上げました。  ただ、その際にあらかじめお伝えしたいと思うこともあって、それをメールで差し上げようかとも思いましたが、普通の人はこんな長文のメールはウンザリでしょうから、お時間のあるときに見ていただけるようブログにアップして、メールで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポラニーに聞く「分かっちゃいるけどやめられない」

 私たちは皆、原因があって、結果が生まれるという考え方、いわゆる因果律によって社会のなかで生きていくためのルールを学びます。  だから、その逆、つまり結果をナントカしたかったら、その原因に遡ればナントカなるはずと思い込むのは自然の成り行きです。  しかし、現実はなかなかそうならないし、むしろ、そんな単純なことで世の中が良くなるなら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年、読んだ本

クリスマスも終わったことだし、今年、読んだ本をとりまとめてみました。  なお、書名の後に*のついた本は横浜市立図書館から借りた本です。金沢図書館の皆さん、多謝、来年もよろしくお願いします。 1   I.イリイチ「ブドウ畑」 2 I.イリイチ「ABC」  12世紀の半ば、西欧における知の歴史に不連続が生じたという著作。知の歴史…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「子孫を大地の砂粒のように」して欲しいですか?

1 それは祝福ですか?  創世記13:16には「あなたの子孫を大地の砂粒のようにする」という神さまの祝福の言葉が記録されています。  それ以外にも「産めよ、増えよ、地に満ちよ。」創世記9:1bという祝福もあります。  しかし、子孫が増えると言うことを私たちは祝福として受け止めるかというと、多くの人は、「えっ?何のこと?ウチ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なぜ「西欧」を相対化しなければいけないか

 お恥ずかしい話ですが、若い頃、素人バンドでエレキベースを弾いていました(今もしつこく夕礼拝で弾いていますが・・・)。  その頃、中村とうよう氏や小泉文夫氏の書いたモノをよく読んでいて、その影響でいわゆる民族音楽を聴くようになったのです。  その中で気がついたことは、エレキベースやコントラバス、あるいはピアノのお臍よりやや左…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベツレヘムへ帰る('18年11月18日 中高科説教)

【課題聖句】 ルツ記  1章 16節  ルツは言った。「あなたを見捨て、あなたに背を向けて帰れなどと、そんなひどいことを強いないでください。わたしは、あなたの行かれる所に行き/お泊まりになる所に泊まります。あなたの民はわたしの民/あなたの神はわたしの神。 1 ホームドラマのはじまり  今朝はルツ記の第1章を読んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスチャンの倫理的責任について(中間的とりまとめ)

 自分の中でどうしても気になっていることがある。  ただ、現時点ではまだまだ生煮えであって、L.デュモンの「個人主義」に関する論考、M.ウェーバーの古典的著作などをもう少し勉強した上でなければ、結論には至らないと思っている。  しかし、モヤモヤしているモノをこの時点で少し書き出してみて、今後の勉強に集中できるようにしたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京神学大学に文句を言うための手持ち原稿

 東京神学大学の後援会担当をするように先生に言われて、献金を集める程度のささやかご奉仕をしています。  年に1回、後援会の集まりに行くと、生徒が集まらないというお話と献金をお願いするお話が毎年の主たる話題です。  もちろん、献金をささげるのは当然のことなので、謹んでお話を伺いますが、生徒が集まらない、という件は、最近、疑問を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィリピ1:9~10で「啓示」をたずねる

 新共同訳のフィリピの信徒への手紙 1章 9節から10節にかけて、次のようなセンテンスがあります。  「知る力と見抜く力とを身に着けて、あなたがたの愛がますます豊かになり、 本当に重要なことを見分けられるように。」  この言葉、よくよく考えたら、ちょっと変な感じなのです。  「知る力と見抜く力とを身に着け」るということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨハネ福音書12:12黙想

 表題の聖書箇所はギリシャ人がイエス様に面会を申し込んだ、という記事です。  しかし、聖書はわざわざ「ガリラヤのベトサイダ出身の」フィリポに申し込んだ、と断っています。  しかも、フィリポは同じ町出身で、一番弟子であるペテロの兄弟のアンデレに相談したうえで、その面会申し込みをイエス様に取り次ぎます。  なぜ、ギリシ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

変えてはいけない~「ニーバーの祈り」について

 ニーバーの祈り、といわれる以下のような有名な祈りがあります。(Wikiより引用)  「神よ、変えることのできないものを静穏に受け入れる力を与えてください。   変えるべきものを変える勇気を、   そして、変えられないものと変えるべきものを区別する賢さを与えて下さい。」  とても心に沁みる祈りですが、その一方でいわく言い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「お互いさま」「今のままでいい」への転換

 ルイ・デュモンの「ホモ・ヒエラルキクス」を読みました。  以下に私なりの本書の理解を述べた上で、今の日本の教会における伝道について述べてみたいと思います。 1 発展史観と復元史観  本書は、基本的にはインドのカーストを論ずる本ですが、彼の問題意識は近代西欧社会が「ヒエラルキー」を無前提に社会悪と評価する結果、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憂鬱な話

 先日、ある会合で、あちこちの労働裁判を何年も戦っている人たちのアピールを伺いました。  労働者の基本的人権の侵害、という言葉が何度も語られました。  神を失い、偶像崇拝をも失った人たちは、自分を拝むしかないんだなぁ、とふと思って、考え込んでしまいました。  戦後に偶像崇拝の悪夢から目覚めた人たちは教会に殺到しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「出エジプトの民とは誰か」CS中高科説教(2018年9月9日)

今日のお話のテーマは、出エジプトの民とは私たちのことだ、ということです。 1 今日の日本で「追い使われる」者とは  さて、毎月末になると完全失業者が何万人、失業率は何パーセントというニュースが流れるのを皆さんは聞いたことがあると思います。  この数字の出典は労働力調査という総務省の統計調査で、昭和21年から行な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三位一体の視覚的イメージについて

 イエス様は、福音書の中で受難と復活を繰り返し予告されています。  しかし、受難を予告すること、と、復活を予告することは全く違うことだと思います。  受難の予告とは、イエス様の意思と主体性において選択した死に様の予告です。  しかし、復活の予告とは、父なる神さまの約束の伝達です。  端的に言うと、受難の予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キリスト教は「一神教」ではありません

 先日の夕方、放送大学の「国際理解のために」という番組を何気なく聴いていたら、高橋和雄さんという先生が「ユダヤ教、キリスト教、イスラム教はみな、一神教」ですと説明していました。  こういう誤解は、世間に広く流布されているし、分かりやすさのためには多少、雑なお話も仕方ないよねぇ、とも思いつつ、放送大学の先生のご発言でもあり、一言、訂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「現人神に捧げられた焼き尽くす捧げ物」広島・長崎

 「性からみた核の終焉」ブライアン・イーズリー著(里深文彦監修 相良邦夫・戸田清訳 新評論刊 原著は1983年)は、男性原理による女性原理の抑圧という視点から核兵器開発の歴史を検討する著作で、著者自身の物理学者という知見を生かした丁寧な叙述が魅力的な一冊です。  特に、その第3章はナチス・ドイツが降伏し、戦後処理が国際政治の主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この世で一番エライ人

 子供達向けにこんなお話を考えてみました。 大人「君たちの家で一番エライ人は誰?」 子供「お父さん!お母さん!」 大人「じゃあ、逗子市で一番エライ人は誰?」 子供「市長さん!」 大人「じゃあ、日本で一番エライ人は誰?」 子供「総理大臣!天皇陛下!」 大人「世界で一番エライ人は誰?」 子供「誰かなぁ・・・ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more