RJTT-RJCC間の周波数(備忘用)

【羽田から新千歳】 2月15日 13時発 13:04 Door Lock 13:05 118.225 GRD 13:11 taxing request 13:15 124.35 TWR hand off and contact 13:18 clear to take off & take off 13:19 120.8 DEP hand off and contac…

続きを読む

札幌まで日帰り(備忘メモ)

 札幌まで日帰りしてきました。  受信できた周波数だけ、簡単に記録しておきます。 【羽田から新千歳】 6:15 118.25 羽田  グラウンド 6:25 124.35     タワー 6:26 離陸 6:27 120.8      デパーチャー 6:32 124.1  関東北セクター 6:54 124.5  三沢東セクター 7:17 120.1  新千歳 アプ…

続きを読む

奥多摩の山火事

 昨日の朝、10時半過ぎでしょうか、野島公園の展望台で123.45Mhzで日本語の通信を受信しました。  東京消防庁と陸上自衛隊のヘリが上空から散水して消火活動をし、奥多摩湖まで水を汲みに行っているような内容の通信で、どうやら山火事の消火活動を行っている模様。  Flightrader24でみたら、たしかに奥多摩町上空に東京消防庁のヘリが旋回しているし、報道ヘリとおぼしきヘリ…

続きを読む

ヘリコプターの周波数

 今日のお散歩で、129.75Mhzと131.15Mhzでヘリコプターと基地局が日本語で通信しているのが聞こえました。  家に帰って調べると131.15Mhzの方が東京消防庁のヘリポート、129.75Mhzの方が横浜消防庁のヘリポートとのこと。  そこで、場所をネットで調べると、東京消防庁は新木場、横浜消防庁は今日もお散歩に行った八景島の対岸のヘリポートで、そこからの通信を聞いていい…

続きを読む

エアバンドを聞きながら札幌行き(復路編)

 さて、札幌駅と道庁赤レンガの間の三井ガーデンホテルに一泊して、窓から見る空模様は快晴。  ところが12時前に飛行場に着いてみると、雪が本格的に振り始めており、ラーメン店外の「けやき」で味噌ラーメンをいただいた後、お土産を買って午後1時30分発の便に、8番ゲートに移動。  やっぱり雪のせいで50分遅延して出発というところからご覧下さい。 時間  周波数  コメント 1…

続きを読む

エアバンドを聞きながら札幌行き(往路編)

 9月の時にもやってみたのですが、今回もIC-R6をイヤホンで聞きながら飛行機の旅を楽しみました。  先週の平日の朝7時発の便、59番ゲートにて搭乗、というところからご覧下さい。 時間  周波数 コメント 6:55  118.225 羽田空港のグラウンとにコンタクト 7:08  124.35 グラウンドからのハンドオフが聞こえないのでタワーの周波数で待っていると  …

続きを読む

海の公園をお散歩(エアバンド編)

 今日のお散歩で聞こえたエアバンドをメモっておきます。右端のコメントは帰宅後に調べたものです。 129.15Mhz 日本語の通信が聞こえました JALのカンパニー 130.85Mhz 日本語の通信が聞こえました 東邦航空の東京ヘリポートのカンパニー 126.2Mhz 英語の管制通信(飛行機側)    大島航空RDOだと思います 133.6Mhz 英語の管制通信(飛行機側)…

続きを読む

日本語が聞こえたエアバンド

 昨日は素晴らしい快晴で、関東学院のキャンパスから釜利谷小川アメニティを降ってくるお散歩中も青い空の中に沢山の飛行機が綺麗に見えていました。  そして、エアバンドをスキャンしていると次々と日本語の通信が聞こえるので、その都度周波数をメモっておいたのが、126.2Mhz、129.3Mhz、134.5Mhz。  帰宅して調べてみると、まず、126.2Mhzはたくさんの基地があって、例えば…

続きを読む

132.1Mhzの謎がとけました

 やっと天気が良くなったので、例によって野島公園をお散歩しながらエアバンドを聞いていたら122.4Mhzが聞こえてきて、132.1Mhzにハンドオフされている模様。  実は132.1Mhzは、出版物などを見ると東京コントロールの武蔵セクターとなっているのですが、このセクターの運用が私にとっては謎だったのです。  つまり、羽田を離陸した飛行機で西方面に向かう便は、東京デパーチャー126…

続きを読む

IC-R6のプライオリティスキャンを使ってみよう

 東京アプローチの119.1Mhzと119.4Mhzがタワーにどんな風に誘導しているのか、どうやって調べれば良いだろうと考えていたら、IC-R6にプライオリティスキャンという機能があることを思い出しました。  この機能は、いわば表番組を聞きながら5秒ごとに裏番組で通信が行われていないかどうか、のぞきに行くという機能です。  そこで、119.1Mhzを表番組、119.4Mhzを設定する…

続きを読む

東北方面からHNDの着陸誘導を探る

 札幌からの帰りの機内受信を試みながら、途中でハンドオフ先を見失った反省に立って、今日はお散歩の途中で野島公園の展望台に登って、Flightrader24を見ながら色々と周波数を探ってみました。  まず最初に分かったのは119.4Mhzで、IC-R6のプリセットメモリでは羽田(RJTT)のRD1に入っていましたが、家に帰ってマガジンランドの周波数バイブルやイカロス出版の雑誌についてきたエア…

続きを読む

HND-CTS機内受信(途中で挫折編)

 羽田に帰る飛行機は9月27日の13時30分発のANA便。昨日は通信を聞いた時間をメモっておかなかったという反省が残ったので、今日は細かくメモすることにしました。  13時過ぎには搭乗口に来て、早速、イヤホンアンテナでグラウンド121.6Mhzを聞き始めたのですが、ノイズが多くて、時々、聞こえてくる通信も非常に聞きづらい。  そのうち定時に搭乗の案内が始まったものの、保安検査場か…

続きを読む

HND-CTS機内受信(初めて全部聞こえました編)

 札幌行きの飛行機は9月26日の朝7時発のANA便。  火曜日の朝なのに満席でしたが、定刻にドアが閉まってまもなくすると、グラウンド118.225MHzにプッシュバックを要求する通信が聞こえてきました(この先、飛行機側の通信しか聞こえてきませんでした)。  しかし、ややしばらく待っても音沙汰なく、また、機体が動き出す気配もありません。  あれあれと思っていたら、スカイマーク…

続きを読む

HND-CTS機内受信(前振り編)

 私の父は札幌で一人暮らしをしているので、せめて3ヶ月に一度くらいは顔を出して、親孝行のマネでもしようと、年に数回、飛行機で札幌に行きます。  その時には愛機IC-R6を持って行って、飛行場でエアバンドを聞いていましたが、できれば機内でも聞きたいといつも思っていました。  しかし、機内でエアバンドを受信することは、あまりお行儀の良いことではないようで、実際、数年前には機内でCAさんに…

続きを読む

132.1MHzも聞こえます

 海の公園などをお散歩していると、132.1MHzで受信できました。  家に帰って周波数バイブルを調べると東京の航空路管制の武蔵セクターのようで、カッコ書きで低高度と書いてありました。  なるほど、そう思って聞いていると羽田の出発機を管制しているようですが、関東南セクターと同様、羽田のデパーチャーからハンドオフされているようで、どういう振り分けをしているのか、までは今のところ分かりま…

続きを読む

調布市の新中央航空のカンパニー無線が聞こえました

 昨日、金沢自然公園をお散歩していたら、129.3Mhzで日本語の通信が聞こえたので、帰宅後、周波数バイブルを見たら調布市の新中央航空のカンパニーが聞こえました。  午前中に調布と大島を往復する便があって、先日は大島空港を呼ぶ通信が聞こえたので、その便の通信だろうと思います。

続きを読む

大島空港への交信が聞こえました

 今朝の9時過ぎに海の公園を散歩していたら、118.6Mhzで大島空港のトラフィック情報を尋ねる通信が聞こえました。空港側の通信は、やっぱり聞こえませんでした。  Flightradar24でNew Central Airというのは分かっていたので、家に帰って調べたら9時に調布を離陸して25分に大島に着く便だったようです。  新しい周波数を聞けて嬉しい。

続きを読む

金沢区で聞こえる航空無線(屋外編)

 次に、お散歩のお供にIC-R6を持ち出して、屋外で聞こえる航空無線です。  海の公園や八景島など、高度の低いところでも、障害物のない、開けたところなら、かなりの周波数を聞くことが出来ます。  高度のあるところ、例えば野島公園の展望台とか金沢自然公園のののはな館のあたりまで上っていくと、ぐっと聞きやすくなりますし、飛行機の側だけではなく、羽田空港や所沢からの電波も聞こえてきます。 …

続きを読む

金沢区で聞こえる航空無線(屋内編)

 まずは、我が家の中で聞こえる航空無線のお話から。  私はIC-R6というハンディ機で、茶の間の窓際で聞いています。長いアンテナも買ってみましたが、とりあえずはデフォルトの短いアンテナで十分です。  まず、所沢の航空路管制の関東西セクター120.5Mhz、関東南Bセクター125.9Mhzはかなり聞こえます。  ただし、飛行機側の通信だけで、所沢の方の通信は聞こえませんし、飛行機…

続きを読む