「崩壊学」のお奨め

 パブロ・セルヴィーニュ, ラファエル・スティーヴンス著「崩壊学」をぜひご一読いただくよう、お奨めします。  まず、本書の大づかみを申し上げると・・・  国際的な金融、サプライ・チェーン、化石燃料市場などの複数の複雑系が絡まり合った巨大な複雑系となった今日の世界は、以下のように崩壊が確実である。 「複雑系科学が発見したのは、複雑系システム(経済や生態系が入る)はある閾を超え…

続きを読む

教会とバラバラの人々

 今日の日本の最大の問題は人々がバラバラになっていることだ、と申し上げました。  そのような視点で聖書を読むと、面白いことに、聖書の中の人々はいつどんな状況になってもバラバラにならないのです。  もちろん、旧約聖書の中には戦いがたくさん描かれますが、それらは共同体が一致して戦った他民族との戦いか、自らの共同体における権力争いのいずれかであって、共同体が散り散りになっていくというこ…

続きを読む

バラバラ

 今日の日本における最大の問題は、人々がバラバラになっていること、です。  例えば、日本の非正規労働者は約4割で、その多くが女性と若年者です*。  非正規労働の問題点は色々あると思いますが、その最大の問題はほとんどの人がバラバラになっている、ということです。  例えば、非正規労働者の多くが週に3、4日のシフト勤務をしていますが、そうのような働き方になると一緒に働く人や前後の…

続きを読む

神を殺しに行く者

 現に約70億人の人間が地球上に生きていて、そのうちには、ホンモノかニセモノかは別として、なんらかの神を見上げる民がおそらくかなり広汎に分布している、と私達は経験的に知っています。  ところで、始めて神を発見し、または神がその発見を与えた人間は誰だったのでしょうか。  昔、読んだ小説に「ムーンゲイザー」、つまり月を眺める者という名前のお猿さんが描かれていました。  仲間のお…

続きを読む

お尋ねへのお答え

「女性の性欲を否定する19世紀的倫理観」という発言についてお尋ねをいただきましたので、4,000字を超える長文で失礼ですが、以下によりお答えとします。 1 共同体による「性欲」の管理について  もし、女性に性欲が無いなら、私達はみんな性的暴力の結果としてこの世に生を受けたということになるでしょう。  しかし、現実がそのような想定に矛盾するなら、女性にも男性と同様の性欲があり、そ…

続きを読む

ジェンダーは誰のために必要か

1 まずは本のご紹介  川口恵美子さんの「戦争未亡人  被害と加害のはざまで」(ドメス出版、2003)を読みました。  内容を簡単に紹介すると、昭和13年頃からサンフランシスコ講和条約までの期間の女性史で、タイトルにある通り、戦争によって夫を失った女性たちの辛酸を描いたものです。  しかし、この本の真に驚くべき点は、ほぼ100年前の歴史であるにもかかわらず、そこに描かれている女…

続きを読む

死んでも派遣で働くな 6(労働者のための派遣法ができない理由)

 以下の文章はA.センがインドにおける健康保険の制度設計について述べたものですが、日本における派遣法の歩みをあまりにも的確に言い表しているので、少し長いのですが、引用させていただきます。 「不可逆性にかかわる問題 最後に、民間の健康保険に依存する枠組みには、一方通行の道のように、事実上は後戻りできなくなる恐れがある。というのも、健康保険業界は強力なロビー団体へと姿を変え、保険政策に関し…

続きを読む

死んでも派遣で働くな 5(「黒部の太陽」と徴用工問題 編)

 僕が子供の頃、「黒部の太陽」という映画が大ヒットしました。  ネットで調べると1968年の制作公開だったそうで、僕自身はつい最近、TVで見ましたが、なるほどヒットしたのも頷ける内容でした。  ただし、労働法にいくらか詳しい人が見ると、明らかに法律違反があったことが分かると思います。  過酷な土木工事の映画で沢山の建設労働者が掘削工事に従事する姿が画面に描かれます。  しかし…

続きを読む

死んでも派遣で働くな 4 (キャリアアップにだまされない編)

 最近のいくつかの記事で申し上げたように、賃金が恣意的に決定されるとしたら、キャリアとは何を指すのでしょうか。  結論から申し上げると、キャリアという言葉は何も意味しない、ということです。  僕が初めてキャリアという言葉を知ったのは、多分、1980年代中頃でしたが、正直、全く関心がありませんでした。  ところが、1985年に派遣法が成立し、アデコだのパソナだのの人材ビジネス業者…

続きを読む

産業革命とIT革命の連続性

 産業革命とは、少品目の品物を大量、かつ低コストで作り出すことが可能になったという社会的な出来事を表す言葉です。  しかし、大量の品物を売り捌く当てがあって蒸気機関などを備えた大規模な工場を建設したのでしょうか。 おそらく、大量生産することで低コスト=低価格の商品を供給し、大幅な利益を上げることができると考えたお金持ちたちが工場建設と大量生産に手を染めたということだと思います。  もち…

続きを読む

キリスト教と倫理

 世界は言葉の向こうにあって、人間は言葉によって技術や道具を開発して世界を利用する一方、実は世界に生かされてもいるのだ、と過去の多くの神話や宗教は考えました。  そして、世界を象徴するような様々な動物や石や鏡や木像を拝んできました。  しかし、近代になって、人々はそうした偶像崇拝に何の意味もないことを発見するとともに、デカルト的思考に導かれて、世界の本当の姿を探りはじめ、やがて、神は死ん…

続きを読む

賃金決定の恣意性を放置しない

 2月17日の行商人のおばあさんのお話と9日の大根のお話を通して、商品の価格が何らかの法則性に沿って定まるのではなく、恣意的に、ある意味、いい加減に決まっていることを説明しました。  だとすると賃金は?ということが、次なる疑問ですが、多くの方は、むしろ賃金こそ恣意的に定まっていると感じているはずです。  野菜やお魚のお値段が恣意的に定まっても、それほど大きな問題ではないでしょうし、ま…

続きを読む

同一労働同一賃金のガイドラインを読む

 同一労働同一賃金については、2016年末にガイドライン案が示されていましたが、昨年末に厚生労働省告示第430号(平成30年12月28日付、以下「ガイドライン」といいます。)として正式にリリースされました。  そこで、確認の意味も含めて、改めて読み直し、その中で、2点、気が付いたことを申し上げます。  なお、ガイドライン本文は、以下のURLをご覧ください。 https://www.mh…

続きを読む

行商のおばあさんから見る高度経済成長と市場経済

 昭和30年代、私の祖母の家には時々、行商のおばあさんが来ていました。  祖母の家は、札幌の琴似にあって、お風呂は銭湯、水道は手押しポンプ、そもそも借家!と決して裕福な家ではありませんでしたが、それでも台所には勝手口がありました。 無駄に土地が余っている北海道ならではの作りだったと言うことでしょうが、その勝手口に腰を下ろして、祖母と行商のおばあさんが楽しそうに談笑していたことを覚えていま…

続きを読む