22世紀の出エジプト

(以下の文章はCS中高科奨励の原稿として書きましたが、哲学から世界史に話題が及んでいて、中高生にはちょっと難しいし、内容的にも過激すぎるので、ボツにしました。でも、面白いと思ったのでここにアップします)  今朝も例によって、一言だけ覚えて帰ろう!シリーズでお話ししたいと思います。  今朝の一言はルカによる福音書1章37節「神に出来ないことは何一つない」という言葉です。  私達は日々…

続きを読む

巷説(ちまたのうわさ) 使徒ヤコブの裏切り

1 お断り  これから述べることは私の穿ちすぎた空想の産物です。  いかなる、聖書的な証拠や神学的な論証に基づくものではありません。  ただただ、今日的な常識に沿って考え出したひとつのフィクションとしてお読みください。 2 使徒言行録を深読みする  さて、使徒言行録21:17以下を日誌風に書くと以下のようになります。  第1日目 パウロたち一行がエルサレムに到着 …

続きを読む

シド・ヴィシャス「マイ・ウェイ」とヒットラー

 標記の曲については、歌い手の自己破滅的な生き様と対称的な名演として語られることが多いし、私もそのように聴いてきました。  しかし、ドラムとベースをじっくり聞くと素朴な疑問が浮かび上がるのです。  この曲を聴く限り、どちらも高校生が楽器に触って数ヶ月で可能になるような、単純な演奏しかしていません。  だから、ひょっとすると、ヴィシャスが知り合いに声をかけて、パンク的に弾いてくれと指示し…

続きを読む

「コミュニケーションの社会史 」 前川 和也 編著(ミネルヴァ書房2001/8/1)をオススメします

 多くの方に読んでいただきたい本なので、ここで簡単に紹介をさせていただきます。  まず、収録論文は以下の通り。 Ⅰ 遠くに伝える 第1章 「初期メソポタミアの手紙と行政命令文」前川和也 第2章 「広域情報伝達システムの展開とトゥルン・ウント・タクシス家― 一六、一七世紀における帝国駅逓の拡充を中心に」渋谷聡 第3章 「メディアとしての聖地巡礼記―中世地中海世界の情報網」高田京比…

続きを読む

「もし主が神であるなら」10月13日中高科奨励原稿

【課題聖句 列王記上 18章 21節】 エリヤはすべての民に近づいて言った。「あなたたちは、いつまでどっちつかずに迷っているのか。もし主が神であるなら、主に従え。もしバアルが神であるなら、バアルに従え。」民はひと言も答えなかった。  先月の奨励で味を占めて、今月も「一言だけ確実に憶えて帰ろう!」シリーズをやりたいと思います。  先月の聖句、ちゃんと憶えてますよね・・・(ここで誰か先…

続きを読む

ラーメンという文化

1 昔ながらの札幌ラーメン  札幌に行ったら、昔ながらの札幌のラーメンを食べたいのです。  では、札幌のどこに行ったらそういうラーメンが食べられるか。  実は、先週の土曜日に法事のために札幌へ行った際、新札幌駅で乗り換えるついでに、駅ビルに入っている「龍竜」さんで味噌ラーメンをすすっていたら、あぁ、ホンモノの昔ながらの札幌ラーメンの味、としみじみ感動したのでした。  …

続きを読む

「分らない話」の話~あるいは、「矛盾」について

1 ホントにあった「分らない話」  先日、教会の集会なかで、ある姉妹が神さまの恵みについて証をなさいました。  彼女は、ご自分の貧しい生い立ちや、教会との出会い、現在、取り組んでいるご奉仕について一生懸命にお話しされ、私たちも熱心に耳を傾けました。  しかし、彼女が何を言いたいのか、実はよく分りませんでした。  この姉妹は決して、愚かな女性ではありません。  家庭の主婦とし…

続きを読む