お尋ねへのお答え

「女性の性欲を否定する19世紀的倫理観」という発言についてお尋ねをいただきましたので、4,000字を超える長文で失礼ですが、以下によりお答えとします。 1 共同体による「性欲」の管理について  もし、女性に性欲が無いなら、私達はみんな性的暴力の結果としてこの世に生を受けたということになるでしょう。  しかし、現実がそのような想定に矛盾するなら、女性にも男性と同様の性欲があり、そ…

続きを読む

今年、読んだ本

 途中で放棄した本を含めて85冊、リストしてみました。「必読」と「オススメ」を明記しましたので、これらの本は良ければ読んでみてください。 1 杉岡幸徳「世界奇食大全」  お正月の暇つぶし。 2 ウィトゲンシュタイン「論理哲学論考」  必読。古典的名著。何回目かの再読。 3 P.フレイレ「被抑圧者の教育学」  オススメ。衝撃的な好著。解放の神学の背景事情を知る上でも重要…

続きを読む

金沢文庫から鎌倉への散歩道が通行止め

 金沢文庫からから氷取沢市民の森や金沢市民の森を抜け、天園休憩所の下から獅子舞の坂道を下ったり、瑞泉寺の裏手の稜線を辿ったりして鎌倉駅までお散歩することが僕の楽しみでした。  しかし、この9月の台風15号と19号によって散歩道は大被害を受けていて、それでも11月26日に行ったときには、なんとか通り抜けられました(その時のことは、後半でご覧いただきます)。  そして、今日、今一度挑戦し…

続きを読む

湯澤規子さんを読もう!

 今年読んだ本の中で、湯澤規子さんの「胃袋の近代」はビンゴ!な一冊でした。  そこで、知人にお奨めしたところ、「読んだよ、面白かったよね」という反応。  さらに別の知人にお奨めしたら「図書館で別の本、“7袋のポテトチップス”を借りて読んだら、面白かったです」というのです。  つまり、僕だけではなくて、皆さんにもビンゴだったという事なので、もっと多くの方にお読みいただきたいと思い、以下に少し…

続きを読む

赤ん坊が世界を変える(2019年12月15日 CS中高科奨励原稿)

 今朝も例によって、一言だけ覚えて帰ろう!シリーズでお話ししたいと思います。  今朝の一言はルカによる福音書1章31節「あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。」という言葉です。  この言葉は、貧しい娘マリアが産んだイエスという赤ん坊が世界と歴史を塗り替えると宣言する言葉ですが、今朝は、妊娠出産の歴史についてのお話しから始めようと思います。  実は、20…

続きを読む

全知全能とはどういうことか

(以下の文章もCS中高科奨励の原稿として書きましたが、内容的にちょっと過激すぎるので、ボツにしました。でも、面白いと思っているのでここにアップします)  今朝も例によって、一言だけ覚えて帰ろう!シリーズでお話ししたいと思います。  今朝の一言はルカによる福音書1章37節「神に出来ないことは何一つない」という言葉です。  出来ないことは何一つない、全知全能で完全無欠の存在であるということ…

続きを読む

22世紀の出エジプト

(以下の文章はCS中高科奨励の原稿として書きましたが、哲学から世界史に話題が及んでいて、中高生にはちょっと難しいし、内容的にも過激すぎるので、ボツにしました。でも、面白いと思ったのでここにアップします)  今朝も例によって、一言だけ覚えて帰ろう!シリーズでお話ししたいと思います。  今朝の一言はルカによる福音書1章37節「神に出来ないことは何一つない」という言葉です。  私達は日々…

続きを読む