ドゥルシラ・コーネル「”理想”を擁護する」をお読みください

 アマルティア・センの「正義のアイデア」の中で言及があったので、図書館から借りて読みました。  具体的な結論があるのではありません、しかし、ヒントがたくさんある、という意味ではぜひ多くの方にお読みいただきたいと思いました。  第1章と第2章は湾岸戦争、9・11、イラク戦争という時代に正戦論、つまり正義の戦争 Just War…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大量消費社会と聖書

 新改訳のエゼキエル書8:3で「ねたみを引き起こすねたみの偶像」という言葉に出会ってハッとしました。 1 訳語の検討  この「ねたみ」の語を新共同訳は「激怒を起こさせる像」と訳しています。  察するところ、翻訳に携わった神学者の先生方は神学のことしか知らないままに、分かりやすい訳語を求めてこのように訳されたのだと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牽強付会

 柄谷行人さんの「世界史の構造」をお奨めいただいたので、図書館から借りて読み始めたのですが、残念ながら、最初の方のわずかひとつまみ、「序章」を読み終わったところで、ため息をつきながら図書館に返しに行ってしまいました。  その理由は大きく二つあります。 1 理由その1~人を見ない  「現在の先進資本主義国では、資本=…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェンダーは誰のために必要か

1 まずは本のご紹介  川口恵美子さんの「戦争未亡人  被害と加害のはざまで」(ドメス出版、2003)を読みました。  内容を簡単に紹介すると、昭和13年頃からサンフランシスコ講和条約までの期間の女性史で、タイトルにある通り、戦争によって夫を失った女性たちの辛酸を描いたものです。  しかし、この本の真に驚くべき点は、ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「滅び」を英語で言うと・・・

 昨日の主日礼拝のお説教は「狭き門」、つまりマタイ7:13~14だったのです。  その中で「滅び」という言葉を英語ではなんて言うんだろうと思ってBibleGatewayで調べたら、New English Translation訳では「destruction」の訳語を当てているのです。  昔、よくテレビに出ていたデストロイヤー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あなたの鞭、あなたの杖/それがわたしを力づける」とは

  「法律に抵触しないなら、いかなるビジネスでも認められるのか」という問いには、どのような答えがあり得るでしょうか。  肯定的な立場からは、例えば以下のような答えがあり得るでしょう。  肯定意見その1 法律や判例は、国民の自由を確定するためにあるのだから、これらに抵触しない限り、当然に、認められる。  肯定意見その2 もし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガビチョウに遭遇!

 数日前、金沢自然公園でひときわ大きな声で囀るムクドリ大の野鳥に出会って、なんとか写真も撮れました。  ところが家に帰って図鑑を見ても特定できない・・・  そこでツイッターにアップしたところ「ガビチョウ」という籠脱け鳥と教えていただきました。  何でもあまりの声の大きさで飼えなくなった人が多くなり、侵略的外来種という不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more