金沢文庫から鎌倉への散歩道が通行止め


 金沢文庫からから氷取沢市民の森や金沢市民の森を抜け、天園休憩所の下から獅子舞の坂道を下ったり、瑞泉寺の裏手の稜線を辿ったりして鎌倉駅までお散歩することが僕の楽しみでした。

 しかし、この9月の台風15号と19号によって散歩道は大被害を受けていて、それでも11月26日に行ったときには、なんとか通り抜けられました(その時のことは、後半でご覧いただきます)。
 そして、今日、今一度挑戦してきましたが、結局は通行止めになっていて、引き返してきました。

 同好の士のためにとりあえず、現状をご報告します。

1 今日、12月27日の様子

 今日は、11月の時と違うルートを試してみようと思って、しだの谷の先の階段を途中で右に折れて、氷取沢市民の森方面を目指しましたが、調整池から先の二つあるルートがいずれも通行止めでした。
 そこで、引き返して横横道路沿いを進んで、横横道路の跨線橋を渡るルートで市境広場までは行けたものの、そこで通行止め。(写真では「区境広場」と書いてあります)

市境広場封鎖全景

市境広場封鎖貼り紙

 仕方なく、左側へ抜ける道を辿って、環状4号方面に降りて行きました。

2 11月26日の様子

 11月の時は、市境広場の入口はここまでガッチリ封鎖されていませんでした。
 今にして思えば、多分、工事が間に合わなかったのでしょうが、赤いカラーコーンに通行禁止の貼り紙があったものの、道が崩れているので注意して通行してください、という貼り紙もあり、なんとなく「行くなら自己責任で行ってね」的な封鎖の仕方でした。
 そこで足下に注意しつつ歩いて行ったところ、相武隧道の上を過ぎたあたりで以下のような倒木がいくつもありました。

t倒木1

倒木2

 倒木の根元を這うように進んでいって何とか天園休憩所の先の獅子舞と瑞泉寺の分かれ道に来たところ、瑞泉寺方面の道が封鎖されていました。

IMG_3617.JPG

 結果的には獅子舞を一生懸命、降って若宮大路まで行くことが出来ました。

3 見通し

 出かける前に見た鎌倉市のサイトでは、「今泉台4丁目~天園、今泉台6丁目公園~覚園寺…令和2年6月に復旧予定」と出ているので、市境広場から天園までは梅雨頃までには開通するかもしれません。
 ただ、その先の「天園~瑞泉寺…令和2年度以降に復旧予定」ということで、いつ頃、開通するのかよく分りません。

 今後も時々、様子を見に行こうと思いますが、この年末年始のお休みに鎌倉まで歩こうと思っていた方にはちょっと気の毒なお知らせになってしまいました。


"金沢文庫から鎌倉への散歩道が通行止め"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: