金沢文庫から鎌倉への散歩道(第3報)


 金沢自然公園から鎌倉天園ハイキングコースへ抜ける散歩道については12月27日、3月19日の記事でご報告しました。
 今日、久しぶりに行って来ましたので、その後の様子をご報告します。

 今朝は、早起きして7時少し前に家を出ました。
 なんとか鎌倉へ抜けられることは分っていましたので、久しぶりに氷取沢市民の森の大岡川源流域の方へ足を伸ばして市境広場までは、今まで同様、特に問題なく通行可能。
 途中、自然観察センターへ右折する角のベンチには感染防止の貼り紙が。

ベンチ貼り紙.png

 市境広場は3月の時と同様に通行止めの仮囲いが立てられていましたが、自己責任ということで、脇をすり抜けて先に進みます。

 3月の時に、最大の難所だったところはこんな感じ。

 危険箇所その後.JPG

 この写真は天延側から撮ったものですが、3月の時は画面左側の斜面に残っている根元の上部を、時々、四つん這いになりながら慎重に越えていきましたが、今回は、根元の下側の踏み分け道を通り抜けることが出来ました。

 獅子舞と瑞泉寺のルートの分岐部分は、3月の時は業者さんの名前と工事期間の入った通行止めの看板があったのですが、今回はだいぶ脱力した感じの看板が立ってるだけ。

瑞泉寺分岐.JPG

 ただし、自己責任とは言え、ちょっと危険そうな感じがしたので、今回はパス。

 そのまま獅子舞に降りて、時節柄、駅前の繁華街に出るのは遠慮することにして、鎌倉宮の角を左折し杉本観音のバス停から、9時58分(実際は3分遅れ)のバスに乗って帰ってきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント