金沢文庫から鎌倉へのお散歩ルート

 本日の記事でお散歩したルートを念のため、ご案内します。

 まず、金沢文庫駅の西口に降りて、笹下釜利谷道路という大きな道にそって、駅を背にして歩いて行きます。
 この時、OKストアの裏にある宮川に沿って歩いても楽しいですが、結局はこの道に戻ってくることになります。

 15分ほど歩くと角にガストがある「宮ヶ谷」(みやがやと)という交差点に来ますので、そこを左折します。
 そのまま道なりに右の方へ大きく回り込んで最初の信号を右折します。
 住宅地に入りますが、道なりに奥の方へ進んでいくと金沢自然公園の入口になります。
 入口を入ってノンビリ坂道をあがると「ののはな館」という休憩施設のところに出ますので、その脇にある「しだの谷」を降りて行きます。
 この谷を降りて谷を横切ると上り階段があります。
 この階段を途中で右方向に折れて、大岡川源流域を通るルートもありますが、とりあえずは真っ直ぐ登り切ってみましょうか。
 階段を登り切ると、横横道路に突き当たりますので、そのまま道に沿って左の方に歩いて行きます。
 突き当たりのところが、お散歩ルートの分岐点なのですが、今は、右側のひょうたん池に向かうルートは閉鎖されていますので、そのまま道なりに左に進んで階段を上り始めます。
 階段を上ったり降りたり、蜘蛛の巣を引っかけたりしながら進んでいくとやがて、横横道路を越える歩道橋を渡ってさらに登り道が続きます。
 途中で右に行くと関谷奥見晴台、左が鎌倉天園という案内板が出てきます。
 そこで、左、鎌倉天園へ曲がってさらに行くと、同じような案内板が出てきますので、そこも同様に。
 自然観察センターのコナラの道の案内板を辿りながら、ドンドン行きましょう。
 やがて三角コーンのおかれているところに来ます。

自然観察の家への分岐.JPG

 ここを右に行くと自然観察の家になりますが、ここは気にせずドンドン進んでいきます。

 そして、やがて前の記事にお示しした市境広場と閉鎖の仮囲いのところに来ます。

 通行止めかぁ・・・と左の方に行くと環状4号方面の住宅地に降りて行くことも出来ますが、そっから先は自己責任で通行止めの看板の横をすり抜けてドンドン進んでいきます。

 どうでしょう、30分くらい歩くでしょうか、やがて天園休憩所の下のところに来ます。
 ここで右側の坂道を上がっていくとゴルフ場の脇を抜けて建長寺、北鎌倉方面に行けますが、僕は左に曲がっていきます。
 やがて、前の記事に示した瑞泉寺方面と獅子舞の分岐点に来ますので、今日は獅子舞の方に坂道を降りて行きます。
 険しい坂道を降りて行くと、やがて二階堂川原流域になってきて、やがて住宅地にでます。
 そのまま道なりに歩いて行くと、永平寺、鎌倉宮、清泉小学校、鶴岡八幡宮と駅の方に接近していきます。

 以上がザックリしたご案内です。

 以下のページに横浜側の地図がありますが、正直、見づらいです。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/kankyohozen/hozentorikumi/tayosei/tsunagari.html

 あと、以下にも部分的な地図があります、もう少し、見やすいかもしれません。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/kankyohozen/hozentorikumi/tayosei/tsunagari.files/0048_20200302.pdf

http://park15.wakwak.com/~yokohama/shisetsu/guidemap.pdf

* なお、金沢八景から朝比奈切り通しを通って鎌倉へ抜けるルートは現在、閉鎖中。総武隧道の交差点を左折して朝比奈越えのバス通りを歩いて登って鎌倉霊園の前を通るルートもありますが、交通安全の観点からオススメしません。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント