エアバンドを聞きながら札幌行き(往路編)

 9月の時にもやってみたのですが、今回もIC-R6をイヤホンで聞きながら飛行機の旅を楽しみました。

 先週の平日の朝7時発の便、59番ゲートにて搭乗、というところからご覧下さい。

時間  周波数 コメント

6:55  118.225 羽田空港のグラウンとにコンタクト

7:08  124.35 グラウンドからのハンドオフが聞こえないのでタワーの周波数で待っていると
            離陸のクリアランスがあり、直ちに離陸

7:09  120.8 羽田空港のデパーチャーにコンタクト、ただし、コールサインは「東京」デパーチャー

7:14  124.1 東京管制部の関東北セクターにコンタクト

7:28  118.9 同じく東北セクターにコンタクト

7:36  124.5 札幌管制部の三沢東セクターにコンタクト

7:48  119.3 同じく北海道南セクターにコンタクト

7:59  120.1 新千歳空港のアプローチにコンタクト

8:13  118.8 新千歳空港のタワーにコンタクト、8:19にRwy01Lに着陸

8:21  118.8 タワーからRwy19Rを横断するクリアランス、
            その後、グランドにハンドオフされたはずなのに、そこは聞き逃し

 実は降下高度についての通信なども聞こえたのですが、あまり細かく書いても煩雑なので省略しました。

 往復とも思ったことはタワーとグランドのハンドオフをほぼすべて聞き逃しました。

 多分、周波数を言わないで単に「コンタクト グランド」とか言うので、聞き逃しやすいんだと思います。

 これは次回の課題ですね。

 なお、上の記事では「管制部」と書きましたが、正確には「航空交通路管制部」です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック