我が家のグーダラ・オーディオ

 オーディオ・マニアと言われる皆さんは何百万円もするセットを揃えて、日々、楽しんでおられるようですが、狭いながらも楽しい我が家にはそんなゆとりはないし、それ以上に、そこまで研ぎ澄まされた聴覚の持ち主ではないので、まぁ、それなりの音がして使い勝手が良ければいいかぁ、という程度のセットです。

 でも、逆に言うと、使い勝手にこだわったのが我が家のオーディオなので、その自慢をさせて下さい。

 とにかくどこが使い勝手が良いかというと、布団の中でスマホを操作するだけで音楽を聞ける。

 そして、布団の中からボリュームを調整できる。

 必要なら、布団の中からイコライズできる。

 便利でしょう?っていうか、グーダラでしょ?

 システムとしては、まずONKYOのブックシェルフのスピーカー、D-112E LTD・・・というと高そうに聞こえるけど、記憶では4万円くらい・・・今、ネットで調べたら通常価格がそのくらいなので、多分、もう少し安く買ったんだと思います。音は、まぁ、値段相応ですね。

 この手前にBoseのステージアンプ 1705Ⅱをつないでいます。アマゾンで15,000円くらいだったと思います。音のことはよく分かりませんが、サイズがコンパクトで大助かり。

 さらにその手前にDENONのDNP-F109というネットワークプレイヤーをつないでいます。

 この人は、我が家の無線LANに接続してデータを取得し、アナログデータに変換してBOSEに渡してもらうんですが、実はこのデノンくんが困りもの。

 電子レンジを使うと信号が切れてしまうし、電源のオンオフをするとネットワーク迷子になったり、使い勝手は非常に悪い。

 でも、これも2万円弱だったので多少、難ありでも仕方ないし、この人のおかげでCDプレイヤーをスクラップできたんだから、と一応、納得はしています。

 そして最後はアイフォンとPCとエアプレイ。

 真夏の暑い時期は別として、普段は夜寝るときもBOSEとDENONは電源を入れっぱなしにしているので、朝起きたら布団の中でアイフォンを操作してエアプレイでデータを飛ばし、ラジコでラジオを聞くもよし、EQu で音楽を聴くもよし、というグーダラ・オーディオが完成します。

 ちなみにラジコは左上のスピーカーの絵をタップするとボリュームコントロールが表示されるので、音を大きくすることは出来ないけど、小さくすることは出来ます。

 また、EQu は有償ですが安価かつ、なかなかの優れものでイコライザーとしてもボリュームコントロールとしても使うことが出来ます。歪みを気にしなければ、音を大きくすることも出来ます。音楽好きならインストールして損はないと思います。

 なお、音源は基本、CDをPCにリッピングしてアイフォンに取り込んでいますが、Amazon MusicやSpotifyもエアプレイで飛ばせれば使えるので、そう言う意味でも便利なシステムだと思っています。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック